禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙外来とは、ニコチン依存症の治療をする外来診療です。ニコチン依存症は、タバコに含まれるニコチンによって引き起こされる身体的・精神的な依存症のことを指します。タバコは嗜好品ですが、止めたいと思っても簡単に止められるものではありません。これは、喫煙習慣は「ニコチン依存症という病気」だからです。

ニコチン依存症の原因

ニコチン依存症は、タバコを吸うという行為から生じます。ニコチンは神経伝達物質の放出を促進し、心地よい感覚や安心感を引き起こします。この経験を繰り返すことで、徐々に依存体質が構築されていきます。

ニコチン依存症の症状

ニコチン依存症では、喫煙を中断することでイライラ、不安、集中力の低下などの禁断症状が現れます。そして喫煙への強迫的な欲求につながり、最終的にはニコチンに対する耐性が高まることで、より多くの本数を吸わなければ満足感を得られず、さらに喫煙本数が増えていくことにつながります。

ニコチン依存症にかかる費用

保険診療は現在バレニクリン(チャンピックス)という禁煙補助薬の生産が止まっている関係により、貼付薬(パッチ)のみの治療となります。内服治療をご希望の患者様は輸入薬による自費診療をお勧めしています。
保険が適用される方は、以下の基準を満たす必要があります。

・タバコ依存度スクリーニングテスト(厚生労働省資料)で5点以上の得点
・禁煙治療の同意書の提出
・初めての治療か前回の治療から1年以上経過していること

また、35歳以上の患者様の場合はブリンクマン指数が200以上であることが必須条件となります。
※ブリンクマン指数=1日の本数×喫煙年数

保険診療の場合の費用
3割の自己負担比率の場合、12週間で約2万円の自己負担額となります。

自費診療の場合の費用
保険算定の10割負担となるため約6万6千円となります。

治療費助成金について
禁煙外来を受診し、禁煙に成功した患者様に対して、禁煙外来費用の補助を行う健康保険組合がございますので、ぜひ一度ご確認ください。

六本木クリニックの治療方針

前述の通りニコチン依存症は「病気」ですので、下記の条件を満たすことで医療保険により治療を行うことができます。

・ニコチン依存性の診断テスト(TDS)が5点以上の方
・ブリンクマン指数(1日の禁煙本数×喫煙年数)が200以上の方
※35歳未満の方は、こちらの条件を満たしていなくても保険適用が認められます
・「すぐにでも禁煙したい」とお考えの方
・禁煙治療を受けることに文書で同意した方

保険適用による禁煙外来では、通常、12週間にわたって計5回の診察を受けていただきます。診察ではお薬(貼付薬または内服薬)の処方や、呼気中に含まれる一酸化炭素の濃度測定、禁煙のためのアドバイス・指導などを行います。

禁煙には強い意志が必要です。受診した際には禁煙を心に決めても、自宅や職場での生活では喫煙欲に駆られることもあるでしょう。医療機関受診時の強い意志を継続するために、当院では禁煙アプリを導入しています。自宅での定期的な一酸化炭素濃度を記録し、医療機関と連携します。また、アプリ内で禁煙の重要性を学ぶ動画を視聴できたり、喫煙欲に対する対処法を提案してくれたり、日記をつけたりできます。

一人で禁煙に挑むのではなく、アプリを通じて当院と一緒に禁煙治療を行いましょう。禁煙に興味がある方、悩まれている方は、お気軽にご相談ください。

なお、六本木クリニックではオンライン診療も行っており、対面診療の方が一酸化炭素測定や身体診察など、さらに有用な所見を得られるためできる限り推奨しておりますが、禁煙診療は初回から5回目までオンライン診療で行うことが可能です。

身体診察や血液検査などを必要としない場合、オンラインでの診察は非常に便利です。お薬もオンラインで服薬指導を行い、自宅に届くシステムとなっているため、受診をするお時間がない患者様にはぜひオンラインでの診療をお勧めしています。
内科 の一覧に戻る