肺炎

肺炎

肺炎とは

肺炎は、呼吸器系に影響を及ぼす疾患で、肺に炎症が生じることで発症します。これらの病気は年間を通して発生しますが、特に冬季に多く見られます。

肺炎の原因

肺炎の主な原因はウイルスや細菌による感染です。ウイルスや細菌が肺の組織に侵入し、体の免疫システムがこれに反応すると、組織の炎症が引き起こされます。その結果、呼吸器系の組織に損傷が生じ、肺炎が発症します。特に高齢者や免疫力が低下した方、また喫煙をされている方は感染リスクが高まります。

肺炎の症状

症状は主に高熱、咳、呼吸困難、喘鳴(呼吸音の異常)などが挙げられます。これらの症状は、感染による炎症が肺の組織に及ぼす影響によるものです。深く呼吸したときや咳をしたときに胸痛を感じる場合は、肺炎の可能性が高いです。

六本木クリニックの治療方針

六本木クリニックでは、患者様個々の症状に合わせた丁寧な診察を心がけています。肺炎や気管支炎は初期段階では軽い症状から始まります。しかし、これらの疾患は進行すると重篤になり、命に関わることがあります。当クリニックでは、少しでも気になる症状が現れた場合、早期に診断し治療を開始することが重要と考えています。

治療は原因や症状に合わせて、抗生物質や抗ウイルス薬、咳や痰などの症状を緩和するお薬を使用します。完全に炎症が消失するまで治療を継続する必要があるため、自覚症状が改善したからと言って治療を自己中断することなく、まずは医師にご相談ください。また、少しでも気になる症状がある場合は、お早めにご相談ください。

なお、六本木クリニックでは、オンライン診療もご利用いただけます。通院が難しい方や忙しくて時間に余裕のない方にも対応し、お薬に関するご相談もオンラインにて承っております。ただし、肺炎に関しては身体診察やレントゲンや採血などの検査が非常に重要となります。オンライン診療のみでの診察が不適切と判断した際には、当院への対面受診や近医への受診を促すことがありますのでご了承ください。
患者様の安全と健康を最優先に考え、肺炎や気管支炎に関するご不安や疑問があれば、どうぞお気軽に当クリニックまでご相談ください。
内科 の一覧に戻る